木材高騰

こんにちは。内山工務店の濁川です。

5/11の日経新聞に米国発「ウッドショック」と題して木材高騰の記事が載っていました。

アメリカでは、超低金利とコロナの影響で住宅建築ブームとなり、木材が不足して、価格が6倍にも膨れているというものでした。

当社の仕入れ先の木材業者からも電話が入って「内山さん、木材が入ってこないんです」とお知らせいただきました。コロナの影響がこんな形で出るとは思ってませんでしたのでびっくりです。

この木材不足の収束は見えていないそうです。高い安いの問題ではなく、そもそも柱を調達できないというのは大問題。世の中どうなってしまうのでしょう??

当社では、価格の安い時に在庫した木材がまだ数件分ありますが、半年先のことを考えると心配になります。この動きは注意深く追っていこうと思います。皆様も建築予定があるようでしたら早目が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です